尾張西枇杷島まつり

山車とまつり年表

◆ 1730年代

1737年(元文2年)
泰亨車
林和靖車前人形できる
◆ 1780年代

1785年(天明5年)
竹田近江大須興業

◆ 1790年代

1796年(寛政8年)
泰亨車
林和靖車前人形骨組み改造
◆ 1800年代

1802年(亨和2年)
山車飾るが牽かず、人形上げず

振陽車・頼朝車の前進としてこの年代に石橋車があったのではないか
1801年(亨和元年)
王義之車:合天井・高欄具できる

1802年(亨和元2年)
王義之車
山車の台できる

紅塵車
山車各部できる

1805年(文化2年)
泰亨車:山車の各部できる

◆ 1810年代

1812年(文化9年)
山車飾に人形上げる。からくりは未完成
1812年(文化9年)
王義之車
王義之人形・前人形台できる

紅塵車
山車各部できる
◆ 1820年代

1824〜1841年
名古屋名所団扇絵集・刊行期間

団扇絵「枇杷島祭礼」は文政年間のこの頃の発刊か?
1823〜24年(文政6〜7年)
紅塵車:斉朝山車上覧

1824年(文政7年)
振陽車・頼朝車
成王人形・人形使い台できる

泰亨車:前人形台できる

1825年(文政8年)
王義之車:小唐子人形できる

1826年(文政9年)
王義之車
太鼓前人形できる

紅塵車
翁人形・二唐子・大太鼓できる
◆ 1830年代

1824〜1841年
名古屋名所団扇絵集・刊行期間
1833年(天保4年)
王義之車:唐子衣裳できる

紅塵車:山車各部できる
◆ 1840年代

1824〜1841年
名古屋名所団扇絵集・刊行期間

1847年(弘化4年):
振陽車を小牧横町へ売却
1844年(天保15年)
泰亨車:僧正坊椅できる

1847年(弘化4年)
頼朝車:人形・山車完成

泰亨車
木葉天狗・大太鼓できる

1849年(嘉永2年)
泰亨車:前人形をつくる
◆ 1850年代

1852年(嘉永5年)
泰亨車:小太鼓をつくる

1854年(嘉永7年)
泰亨車
僧正坊骨組みを改造する
◆ 1860年代

◆ 1870年代

1870年(明治3年)
頼光車
頼光・金時人形できる

1871年(明治4年)
頼光車
山車・人形完成
前へ|TOP|次へ