尾張西枇杷島まつり

歴史

尾張西枇杷島まつりの始まりは、高力種信の「猿猴庵日記(えんこうあんにっき)」によると、1802年(享和2年)に始まったとされています。それに基づく草創期の様子を年表にしてみました。


1802年(享和2年)
6月13日、西枇杷島六軒町市神祭、当初より車初る。但し社前に錺るのみ、引く事は当年は先づ相見合せ之筈。御役所より指図有之由。名古屋四月の御祭礼の古車古幕を求め用ゆといふ。人形を上ぐる事は不済とぞ。
1808年(文化5年)
西琵琶嶋車人形は不相成候へ共、一両年は引事御免。祭礼10日・11日に極り、賑合。
1812年(文化9年)
6月11日 枇杷島祭、車人形上ぐる事、当年より御免。但しからくりハ未成。 唐子石橋 梅に仙人 公家鞠遊 万歳等也。
1813年(文化10年)
枇杷島の祭の車、當年始めて人形からくり御免。


前へ|TOP|次へ